みんなの知恵と力を合わせて伊豆の石造文化を後世に伝えよう!
by izu-ishi
カテゴリ
全体
最新
お知らせ
日誌
経緯
奈良本の石蔵について
写真
資料
未分類
最新の記事
移築に向けた解体はみなさんの..
at 2010-12-10 04:00
2010.12.09 解体が..
at 2010-12-09 23:00
2010.12.08 一階も..
at 2010-12-08 23:00
以前の記事
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
関連サイト
最新のトラックバック
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


「奈良本の伊豆石の蔵の保存を求める嘆願書」

10月26日に二日間で集まった33筆の署名を添えて東伊豆町長に提出しました。
ご賛同いただきましたみなさま、本当にありがとうございました!

署名は解体が確定するまで諦めずに継続します。むしろこれからが勝負です。
ご賛同いただける方は下記までお名前とご住所をお送りください。

izu-ishi@excite.co.jp

ご協力よろしくお願いします。

※お寄せいただいたお名前とご住所は他の目的には絶対に使用いたしません。


奈良本の伊豆石の蔵の保存を求める嘆願書

平成22年10月26日

東伊豆町長
太 田  長 八  様

奈良本の伊豆石の蔵の解体を惜しむ有志の会

東伊豆町奈良本の旧熱川支所敷地内に残る伊豆石の蔵は、江戸繁栄の礎を築いた
伊豆の石造技術と伝統を今に伝える貴重な地域文化財です。

東伊豆町はこの蔵を支所の建物解体に伴い取り壊すご予定とのことですが、跡地の
利用計画がない現状では、費用をかけて壊すよりも、残すことによってこの価値ある
文化財を次代へ伝える可能性がひらけると考え、嘆願書を提出する次第です。

石造建築は各地で改装されて観光資源となっています。伊豆半島や日本の歴史に
伊豆石が果たした役割についても、最近ようやく認識されるようになりました。

奈良本の蔵は石の保存状態が良く小屋組みも堅牢です。薄紅色の伊豆石に施された
外装からは当時の石工たちの技と心意気が存分に伝わってきます。素材、建築技術、
魅力的な外観など、どれをとっても性急に壊すにはあまりにも惜しい伝統建築です。

東伊豆町が移築希望者を募集されたことは高く評価されるべきですが、周知期間が
短かかったこともあり、町外の移築希望者までは充分に情報が伝わっていません。

蔵を残して一般公開や郷土学習に活用しつつ、将来的な展望を描くことは可能です。
稲取では御石曳の伝統が復活しました。町内に残る伊豆石建築が将来、町の新たな
観光資源となるかも知れません。その間に購入希望者が現れる可能性も残されます。

蔵を保存・活用し、伊豆の伝統文化を後世に伝えたいという想いは誰もが抱いて
いることと思います。ぜひ解体を再考していただきたく、心からお願い申し上げます。

PDF版のダウンロード
[PR]
# by izu-ishi | 2010-10-25 14:00 | 資料

経緯

・10月4日、東伊豆町が蔵の引き取り手募集について町内に広報開始。

・10月8日、伊豆新聞が町が蔵の引き取り手を募集しているとの記事を掲載。

・10月12日、地元のまちづくりグループが蔵を見学、実測を行う。

・10月18日、伊豆新聞が蔵の解体を惜しむコラムを掲載。

※10月20日、伊豆新聞の記事を受けて当会のメンバーが記録写真を撮影する
 ために蔵を見学。保存状態が良い魅力的な蔵であること、解体後の跡地利用の
 計画がないことを知り、なんとか解体せずに残せないかと活動を開始。

※10月26日、短期間に集めた33筆の署名を添えた嘆願書を東伊豆町長に提出。
 もう少し時間をかけて再利用の検討や引き取り手の募集を行うことをお願いする。

・嘆願書(表書き)
 ⇒「報告」カテゴリをご覧ください。
 ⇒PDF版のダウンロード

・嘆願書
 ⇒「報告」カテゴリをご覧ください。
 ⇒PDF版のダウンロード

※10月27日、解体業者の入札が行われる。旧庁舎と蔵の解体工事は町内T社が
 567万円で落札。当会メンバーが町長に面会、蔵を残すことを前提に活用案や
 引き取り手がなかった場合は蔵の解体費用の差額を負担することを提案。
 町は敷地を更地にする方針は変更しないとの返答。その代わり、当初計画は
 変更して敷地内の老朽化した庁舎を先に解体、蔵については解体期限である
 11月30日まで移築費を自己負担してくれる引き取り手を募集することに。

※10月29日、当会の有志3名が蔵の掃除と実測調査を行う。

※10月31日、当会の有志が町民文化祭で情報提供を求めるチラシを配布、
 縁あって奈良本のまちづくりグループと知り合う。このグループは解体後の
 伊豆石だけでも残してまちづくりに活用することを検討中とのこと。

※11月2日、当会の有志4名が蔵を掃除。奈良本のまちづくりグループの
 メンバーにもご協力いただきました。見学者は合計8名。

※11月3日、ツタが払われてさっぱりした蔵を下田の協力者が撮影。

※11月7日、一回目の一般公開。見学者は5名。昔の城東村役場は今の
 熱川小学校の場所にあったそうで、当時その敷地内にあった蔵で子供の頃に
 遊んだという79歳の地元の見学者の方の話から、建造されてから少なくとも
 70年は経っていることが判明。

※11月14日、二回目の一般公開。見学者は18名。東伊豆町内だけでなく、
河津町、伊豆市からもご来訪。地元の方たちに情報を寄せていただく。

(H)
[PR]
# by izu-ishi | 2010-10-25 13:10 | 経緯

10月20日以降twitterでの発言ダイジェスト

個々のつぶやきには 「#izu」「#higashiizu」「#shizuoka」「#kominka」「#shimoda」などのハッシュタグを付けています。(文字数制限の為、全ての関連書き込みに全てのハッシュタグが付いている訳ではありません)(Y)

【勝手に発信:伊豆・下田情報】明日、東伊豆町にある伊豆石の蔵の調査に行きます。昭和に入って作られた蔵ですが、二十六日以降解体される事が決定しています。東伊豆町役場の御好意で撮影と計測をします。残念ですが記録させていただけるだけでありがたい。

【勝手に発信:伊豆・下田情報】昭和に入って立てられた蔵はほとんどない。安くて耐火性の高い建材が出回ってきたのと、関東大震災の時に伊豆石は火を浴びて爆ぜたのに対して大谷石は爆ぜず、蔵の建材としての信頼性が低くなったため。

【勝手に発信:伊豆・下田情報】都内にも関東大震災、東京大空襲を潜りぬけて現存している伊豆石の蔵は幾つかある。一方、今井浜海岸には大谷石の蔵がある。伊豆石の蔵では富の象徴たりえず、あえて大谷石を運んで来て建てたと聞いた。

【勝手に発信:伊豆・下田情報】東伊豆町の宝石箱のような蔵が解体の危機!四m四方、二階建で屋根以外は全て伊豆石積み。一階部分外壁は見事な霰模様。明治中・後期に相当な金額を掛けて造られたと推定。町は理由もなく解体しようとしている。

【勝手に発信:伊豆・下田情報】同じ敷地内の旧庁舎は痛みがひどく解体はやむを得ない。しかし、蔵の状態は屋根がトタン屋根になっている以外は何の問題もない。跡地の利用計画もないのに「一緒に壊せば安く上がる」との理由で解体するそうだ。

【勝手に発信:伊豆・下田情報】跡地利用計画があればやむを得ない。それがない以上、壊す理由のない建物を壊すのに税金を支出するのは如何なものか?しかも、競争入札と言いながらHPなどに入札情報は無い。著しく公正さを欠いているのでは?

【勝手に発信:伊豆・下田情報】東伊豆町には伊豆石関係の文化財が多くあり、保存もされている。今回の動きは非常に残念。壊せば、石材の調達も、石工さんもいないので、復元は不可能。残して、ゆっくりと利活用を考えるのではなぜだめなのか?

【勝手に発信:伊豆・下田情報】東伊豆町長や町議会員に蔵の保存を呼び掛けるメールを送ろうと、町のホームページを見たが、議員名簿はインデックスだけで中身がない。「オンライン町長室」は町民以外お断り……。いやはや閉鎖的な町なのか?

【勝手に発信:伊豆・下田情報】東伊豆町民のみなさん。どうお考えですか?やみくもに古い物を残せと言うつもりはありませんが、現状で壊す必要もない文化財として価値があるかもしれない建物を二つ一緒なら安いと言う理由だけで壊すのは?

【勝手に発信:伊豆・下田情報】解体予定の蔵の所在地は(多分)奈良本884-7。NTTの隣、東伊豆ロックセキュリティの前。高台になっているので道からは蔵が見えません。町役場に頼めば解錠して見学させていただけます。近隣の方はぜひ!

【勝手に発信:伊豆・下田情報】十月二十三日(土)には東伊豆町夢市広場(稲取)で伊豆石の「お石曳き」があると言うのに……。

【勝手に発信:伊豆・下田情報】解体の危機にある東伊豆町の蔵は昭和三十年頃にどこかから移築されたもの。棟札はなかったが、石の状況と造りから明治中・後期の建築ではないかと思う。先人が大切に移築したものを理由なく壊して良いものか?

【勝手に発信:伊豆・下田情報】友人が東伊豆町に問い合わせたところ、問題の蔵は一キロ程離れた旧・城東村の幼稚園の庭から移築されたものだそうだ。とりあえず、ひとつ前の所有者は賀茂郡城東村と判明。だが、その前がまだありそうだ。

【勝手に発信:伊豆・下田情報】東伊豆町の蔵の解体問題。残された時間は少ないのですが、地元の方々の中に協力して下さる方が出て来て下さいました。郷土学習の教材、物を大事にする先人の思いを次の世代に伝える素晴らしい教材でもあります。

近代化・産業遺跡保存が言われている。それは結構なのだが、国営企業や財閥系に傾いてはいまいか?庶民が智恵と自腹を割いて造ったような小規模施設、特に地方に於いて地域の近代化に貢献したものが忘れられていないだろうか?

だから残すなとは言わないが、官営企業、財閥系の近代化・産業遺産を保護する場合、その背後に負の遺産(外国人労働者の酷使であるとか、人命軽視の保安対策など)があった場合、それらも同様に記録し公表するのだろうか?

東伊豆町の小さな宝石箱のように美しい蔵が解体されるのを見て、斯くの如く感じた。官は肥り、民はやせ細るのがこの国の逃れ得ない宿命なのか……。ただただ慨嘆。

【勝手に発信:伊豆・下田情報】東伊豆の蔵を見て思った。伊豆石積みの建物は漆喰を使わず、単に石を積んだだけ。昭和三十年移築のこの蔵は石の間にセメントが。その頃にはもう石積みの技術が途絶えていたと見て良いだろう。

【勝手に発信:伊豆・下田情報】積石造建築物についての耐震性の基準は存在しない。しかし、地震の多発地帯である伊豆に多くの積石造建築物が無傷で残っていることを考えれば、地震国日本の建築に寄与する謎があるのかもしれない

【勝手に発信:伊豆・下田情報】東伊豆の蔵に関しては、セメントで石材を固定化したために、壁の柔構造が失われる結果となって他の蔵に比べると耐震性が低くなっているかもしれない。解体するにしても然るべき研究者による解体を

【勝手に発信:伊豆・下田情報】下田には昭和十年頃に建てられた「香煎ばあさん」を祀った石の建物がある。それには漆喰が使われていない。東伊豆の移築の状態と比べると、伊豆石建築の技術は戦争を境に一気に衰退したのでは?

【勝手に発信:伊豆・下田情報】この一点を見ても、この蔵に対する緊急性の無い解体は日本の積石造建築の発展過程の研究を大きく阻害する危険性が感じられる。

【勝手に発信:伊豆・下田情報】戦争で働き盛りや、修業中の石工が戦場に駆り出され、命を失ったり石工を続けられないような戦傷を負ったことは想像に難くない。そう言う意味で平和教育にも使える。郷土研究教材として価値は高い。
[PR]
# by izu-ishi | 2010-10-25 13:00 | 経緯

奈良本の伊豆石の蔵

※11月7日更新。

奈良本の伊豆石の蔵の歴史は、まだ謎に包まれています。
以下、東伊豆町役場や町民の方から取材した内容を随時追加します。

所在地
静岡県賀茂郡東伊豆町奈良本884-7(旧熱川支所敷地内)

所有者
東伊豆町

概要
幅約4m×約4m、高さ約5m

蔵の図面(簡略版)
PDF版のダウンロード

歴史
・誰が、いつ、どのような目的で建造したかは調査中です。

・蔵が現在立っている旧熱川支所の前身は、城東(キトウ)村役場。
(城東村とは“天空の城”天城の東に位置する村との意)

・元区長を務められた79歳の地元の方のお話では、子供の頃に元の
城東村役場の片隅にあった蔵で遊んだとのこと。建造から少なくとも
70年は経っていることがわかりました(11月7日)

・昔の城東村役場の敷地に建っていたものを村役場が現在の場所に
移った際に移築されたのではないかと考えられます。

・移築されたのは昭和30年頃とのことで、昭和27年にはすでに現在の
場所にあったとの町民情報あり。移築年は確定していません。

・伊豆石は耐火性が高いため、移築後は文書などの貴重品保管庫として
活用されていました。
[PR]
# by izu-ishi | 2010-10-24 00:50 | 奈良本の石蔵について

写真 2010.10.20

2010年10月20日に町役場にお願いして見学させてもらった際の写真です。(H)

e0216426_21413212.jpg

e0216426_2143334.jpg

e0216426_21444167.jpg

e0216426_21454437.jpg

e0216426_21464145.jpg

e0216426_21514378.jpg

e0216426_21522047.jpg

e0216426_21525426.jpg

e0216426_21533091.jpg

e0216426_21542717.jpg

e0216426_2155362.jpg

e0216426_21555769.jpg

[PR]
# by izu-ishi | 2010-10-24 00:00 | 写真