みんなの知恵と力を合わせて伊豆の石造文化を後世に伝えよう!
by izu-ishi
カテゴリ
全体
最新
お知らせ
日誌
経緯
奈良本の石蔵について
写真
資料
未分類
最新の記事
移築に向けた解体はみなさんの..
at 2010-12-10 04:00
2010.12.09 解体が..
at 2010-12-09 23:00
2010.12.08 一階も..
at 2010-12-08 23:00
以前の記事
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
関連サイト
最新のトラックバック
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2010年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧

移築に向けた解体はみなさんの力でほぼ完了!

蔵の移築・復元に向けた解体作業は、なんと12月9日の作業でほぼ完了しました。10日は残りの資材の搬出と現場の掃除を行います。

当初は町に提示された12月15日の期限に間に合うか危ぶまれた解体作業でしたが、たくさんの方のご協力で予想外に急ピッチで進みました。

12月4日に始まった作業は、東伊豆に移り住んだ元職人さんや下田の元鳶の親方、そして各地から駆けつけた日本民家再生協会の有志による“お助け隊”を中心に行われました。みなさま、本当にお疲れさまでした。

作業がウィークデーに行われたために参加できなかった方、今週末参加される予定だった方のお気持ちもしっかと受け止めさせていただきました。ご支援ありがとうございました。

トイレを貸していただいたSさん他、何かとお世話になった地元のみなさまにも感謝です。

また、私たちの作業は同じ敷地内で旧庁舎の解体を行っていたT社、S社の現場のみなさまのご理解とご協力なくして行うことはできませんでした。本当にありがとうございました。

蔵は石材や木材に還元されて、しばらく保管場所でお休みです。

その間に私たちは地元のみなさんと協力して、向こう数ヶ月のうちに蔵を奈良本地区内に移築・復元する可能性を探っていくことになります。

今後の展開も随時このブログでみなさまにご報告しますので、引き続きご注目くださいますようお願いします。

※解体作業の様子⇒「日誌」で経過を報告しています。

※これまでの経緯
解体・消滅の危機に直面していた東伊豆町・奈良本の石蔵―。

もとは城東村(きとうむら=天空の城・天城山の東に位置する村、との意)の役場で貴重品保管庫として使われていた伊豆石の蔵です。建造から少なくとも80年近く経っていることがわかっています。

東伊豆町も、蔵を自費で移築してくれる引き取り手をいったんは募集しましたが、短期間で打ち切りに。その後、みなさまの署名を添えて提出した嘆願書を受けて、町長が期限を11月30日まで延期してくれました。

そして、期限当日に引き取り手が現れ、蔵は消滅をまぬがれました。

蔵の移築・復元を前提に解体するには、専門家による調査と建材のナンバリング(復元するための番付け)を行ってから石や木材をひとつひとつ取り外して保管場所へ移動しなければなりません。

12月4日にNPO日本民家再生協会の大沢匠さん率いる“お助け隊”メンバーが専門的な作業を行いました。

その後は元職人さんらの超人的な頑張りとお助け隊メンバーを中心とする有志の協力で、町に提示された撤去期限である12月15日を前に解体作業は完了しました。

なお、引き取り手の登場を受けて、「東伊豆町長に移築をお願いする要望書」への署名は打ち切ります。これまでに集まった署名は“蔵を残したい”という想いの表明として東伊豆町長に提出します。ご協力いただきましたみなさま、本当にありがとうございました!

東伊豆町の伊豆石の蔵を再生する会(仮称)
(奈良本の伊豆石の蔵の解体を惜しむ有志の会改め)

※お問い合わせ→0558-22-3166(はなぶさ)

・12月1日付けプレスリリース⇒「お知らせ」をご覧ください。

・蔵の図面(簡略版)
 ⇒PDF版のダウンロード

伊豆石について
伊豆半島は昔から石の産地でした。伊豆石は船で運ばれ、江戸城の城壁に使われるなど江戸繁栄の礎を築きました。このような歴史から、蔵や民家、店舗など石造建築は伊豆の各地に点在しています。でも近年はひとつ、またひとつと解体され、伊豆の石造文化や伝統技術が後世に伝えられないまま消滅しています。このブログは、東伊豆町の奈良本に残るチャーミングな伊豆石の蔵をなんとか次代へ伝えたいと願う有志の活動を報告する目的で運営しています。
[PR]
by izu-ishi | 2010-12-10 04:00 | 最新

2010.12.09 解体がほぼ完了!

一階部分は一面と基礎を残すのみ。
e0216426_221616.jpg

手作業で伊豆石を取り外して運び出す。
e0216426_2212574.jpg

側面に書かれた番号を石の上部に書き写す。地道な作業。
e0216426_3193860.jpg

敷地にあった木が伐採され、クレーンで吊り上げられている。
e0216426_3195133.jpg

蔵の解体は敷地の隅で着々と進行。
e0216426_320188.jpg

e0216426_2235416.jpg

あたりにはヒノキの香りが満ちている。
e0216426_3201166.jpg

ざっと数えても年輪は100年以上。立派な木だった。
e0216426_3202099.jpg

こんな形で残されたものも。
e0216426_3202740.jpg

大石、小石、コンクリートやモルタルの破片を袋に入れては運ぶ、このくり返し。
e0216426_3203590.jpg

最後に残った石壁に何か発見。
e0216426_3204272.jpg

この蔵のヤモリだったのか。
e0216426_3205059.jpg

使われていた釘などもすべて保管。
e0216426_3205681.jpg

昼食。本日は大所帯。
e0216426_321358.jpg

瓦の破片が次々と出てくる。つまり、元あった場所から50年以上前に現地へ移築されたときには屋根は瓦葺だったことになる。その後の地震で瓦が落ちたのでスレートに替えられたのか。重要な証拠として瓦も保存。蔵の来歴はまだまだ不明だ。
e0216426_321161.jpg

この場所へ移築された際の番付けか。「ハ3」と読める。
e0216426_3212258.jpg

側面の番号を石の上部に書き写す。
e0216426_3212857.jpg

石を吊ってトラックへ運ぶ。
e0216426_3213583.jpg

e0216426_3214368.jpg
e0216426_3215076.jpg

ついに残すところわずかに。
e0216426_3215838.jpg

積み直すと見えなくなる上部に番付けされている。
e0216426_322517.jpg

元鳶の親方、民家の学校の若き校長に熱心に説明。
e0216426_3221432.jpg

一日が終わる頃にはおじいちゃんと孫のような名コンビに。
e0216426_3222329.jpg

運び出された伊豆石は、保管場所へ。
e0216426_2282455.jpg

伊豆石がすべて撤去され、ユンボで蔵のコンクリートの基礎を壊す。
e0216426_228427.jpg

が、コンクリートは深さ55センチ。容易ではない。
e0216426_322375.jpg

蔵は消え、木立もなくなり、風景が一変。なんだか寂しい。
e0216426_3224736.jpg

チーム荒瀬のKさん、Sさん、そして特に大活躍だった我らがIさん。お疲れさまでした。
e0216426_322539.jpg

(H)
[PR]
by izu-ishi | 2010-12-09 23:00 | 日誌

2010.12.08 一階も、残すは一面半

いきなりですが、昼食タイム。NPO日本民家再生協会の大沢さん、Kさん、“チーム荒瀬”のIさん、Kさん、Sさん。
e0216426_265365.jpg

蔵の床に張られたコンクリートの下から大きな石がごろごろ、そして小さな石が出てくる。
e0216426_22354022.jpg

二階の木骨部分の木材が運び出されて保管場所へ。
e0216426_22355741.jpg

e0216426_2236936.jpg

取り外した石もトラックで保管場所へ運び出される。
e0216426_22362042.jpg

すでに一階は一面と少しの伊豆石を残すのみ。
(H)
[PR]
by izu-ishi | 2010-12-08 23:00 | 日誌

日誌2010.12.07 予想外のピッチで解体が進む

元石工のIさんの底力で、蔵の解体は予想外の急ピッチで進んでいる。

一階部分だけが残された蔵から伊豆石を一つずつ取り外すIさん。
e0216426_1415143.jpg

石と石の間の目地を切り離してゆく。
e0216426_142380.jpg

石と石を接着していたモルタルを削り取る。
e0216426_1421427.jpg

一階が徐々に低くなってゆく。
e0216426_1422224.jpg

入り口があった正面の壁は石がすっかり取り外され、最下段に到達!
e0216426_1423197.jpg

(H)
[PR]
by izu-ishi | 2010-12-07 23:00 | 日誌

日誌2010.12.06 二階部分は解体完了

本日も現場では“荒瀬チーム”の元職人さんたちが着々と解体作業を続ける。

隣接するNTTの駐車場にクレーンを入れて、取り外した木材や石を吊ってトラックへ積み込む。
e0216426_14595189.jpg

e0216426_150377.jpg

二階の小屋組の様子。
e0216426_152269.jpg

e0216426_1521231.jpg

二階外壁の石を取り外すIさん。
e0216426_1531374.jpg

e0216426_1532349.jpg

足場に並べられた伊豆石。
e0216426_1533359.jpg

木材と石の接合部分。
e0216426_1541572.jpg

二階の外壁が取り外され、木造部分があらわに。
e0216426_15515100.jpg

取り外した木材や石をクレーンで吊って運び出す。
e0216426_1511539.jpg

e0216426_1512680.jpg

e0216426_15122450.jpg

e0216426_15123943.jpg

木造部分の床を取り外して…
e0216426_15135543.jpg

最後は石造の一階だけが残された。
e0216426_15145217.jpg

外観はこんな感じ。
e0216426_15153390.jpg

現場の様子。
e0216426_1516595.jpg

トラックに積みきれずに足場に残された石を一つ一つ下へ降ろす。重労働、お疲れさまです!
e0216426_15175978.jpg

階段に角材の“コロ”を敷いて、ゆっくりと石を滑らせるように降ろしてゆく。
e0216426_15181415.jpg

e0216426_1518263.jpg

一階石造内部の様子。陽の目を見たのは移築されて以来おそらく50年以上ぶりだろう。
e0216426_15202833.jpg

e0216426_15203699.jpg

e0216426_15204959.jpg

e0216426_1521350.jpg

すでに旧庁舎も解体され跡形なく消えてしまい、周囲の建物や遠くの山なみが見渡せるようになった。
e0216426_15242487.jpg

本日の作業も無事終了。

(H)
[PR]
by izu-ishi | 2010-12-06 23:00 | 日誌

日誌2010.12.05 解体作業が進む

本日も朝から移築に向けた解体作業。

チーム荒瀬のIさん、Kさんがそれぞれ木材、石材部分の解体作業を進める。
e0216426_12373761.jpg

e0216426_1237508.jpg

木材の一つ一つに番号がふられている。
e0216426_12382233.jpg

二階の外壁の伊豆石が取り外され、中の小屋組の様子が外から見えるようになった。
e0216426_1240483.jpg

e0216426_1241212.jpg

e0216426_12415682.jpg

木材を石に留めていた釘。
e0216426_1241356.jpg

二階の解体が進む。
e0216426_12424622.jpg

e0216426_1243171.jpg

急きょ一般公開日にしたので、伊豆新聞の記事を見た方々が熱海や伊東から訪れる。

地元のおばあちゃんも見に来てくれた。「毎日蔵がどうなるか気にしてたのよ。引き取り手がみつかって本当に良かったね」。
e0216426_12431882.jpg

番付けが完了した外壁の記録写真を撮る。
e0216426_12441566.jpg

Iさんが石を一つずつ外していく。
e0216426_12452212.jpg

e0216426_12453293.jpg

さすが石造。中の木材はまったく痛んでいない(少なくとも素人目には)。
e0216426_12463763.jpg

隣接するNTTビル側から見た蔵。駐車スペースを借用している。
e0216426_12473638.jpg

取り外されて足場に並んだ伊豆石。
e0216426_12481332.jpg

二階内部の様子。
e0216426_12485450.jpg

e0216426_1249461.jpg

本日の作業が終わった蔵。
e0216426_12493656.jpg

e0216426_12494585.jpg

(H)
[PR]
by izu-ishi | 2010-12-05 23:00 | 日誌

ボランティア大募集! 石蔵を再建しよう

※PDF版のダウンロード

消滅の危機に直面していた東伊豆町・奈良本の伊豆石の蔵は、東伊豆町で不動産業を経営する荒瀬さんが移築を申し出てくださり、再生に向けて一歩を踏み出しました。

伊豆の大切な文化財をひとつ次代に伝える見通しがたちました。荒瀬さんはじめ、有形無形のご支援をいただきましたみなさまに心から御礼申し上げます。

所有者となった荒瀬さんは、伊豆石などの建材を取り外して保管し、地元の協力を得て奈良本地区内に蔵を復元して観光などに活用してもらいたいとのご意向です。

今後は、荒瀬さんとかねてから交流がある建築家の大沢匠さんが率いるNPO日本民家再生協会有志の“お助け隊”と、引き取り手探しに協力してきた私たち市民がチームを組んで、石蔵の移築・再生を支援させていただきます。

町に提示された12月15日の撤去期限までに間に合わせるため、12月4日には大沢さんら“お助け隊”も駆けつけて、石材や木材の一つ一つに番号をふる作業を行いました。12月6日から14日(09:00~17:00)まで手作業で石を搬出する作業に協力していただける市民ボランティアを募集しています(見学のみも可能)。

蔵の移築・再生に向けて、引き続き暖かいご支援ご協力をよろしくお願いします!

※連絡先⇒はなぶさ 0558-22-3166

奈良本の伊豆石の蔵の解体を惜しむ有志の会
[PR]
by izu-ishi | 2010-12-05 00:00 | お知らせ

日誌2010.12.04 解体作業が始まる

本日から移築に向けた蔵の解体・撤去作業が始まった。

同じ敷地内で旧庁舎の基礎解体工事が行われる中、蔵の周囲に足場が掛けられてゆく。
e0216426_114222.jpg

10:00にはスタッフが現場に集結、解体の手順などを打ち合わせ。
e0216426_11431083.jpg

新たに蔵の所有者となった荒瀬さんの知り合いの元職人さんIさんとHさん(チーム荒瀬)、建築家の大沢匠さんとNPO法人日本民家再生協会の“お助け隊”Kさん、元鳶の親方のNさん。

蔵の復元を念頭に、解体前に石材や木材の一つ一つに番号をふっておかねばならない。
e0216426_11453370.jpg

蔵の入り口の踏み石を動かすと…
e0216426_11474523.jpg

石の下でトカゲが5匹も冬眠していた。つついて起こす。それぞれに寝ぼけた様子でねぐらを離れていった。申しわけない(汗)。
e0216426_1148389.jpg

ご近所から小さな見学者あり。
e0216426_11485987.jpg

大沢さんらが木造の二階小屋組を調査して木材に番付け、残りのメンバーが伊豆石に番付け。
e0216426_11492138.jpg

e0216426_11494434.jpg

移築先で元どおりに復元できるよう、番号がふられた伊豆石。
e0216426_11502665.jpg

e0216426_11505732.jpg

伊豆石の番号を記録する大沢さん。
e0216426_11513172.jpg

屋根が取り払われ、小屋組が見えてきた。
e0216426_11523097.jpg

e0216426_11524130.jpg

木造部分を取り外すHさん。
e0216426_11532721.jpg

小屋組の様子。木材を釘で石に留めている。
e0216426_11542812.jpg

e0216426_1154373.jpg

e0216426_11544664.jpg

e0216426_1155498.jpg

本日の作業が終わった蔵。
e0216426_1157526.jpg

そして、現場の様子。
e0216426_11554059.jpg

(H)
[PR]
by izu-ishi | 2010-12-04 23:00 | 日誌

プレスリリース「東伊豆町・奈良本の蔵 引き取り手が名乗り」

東伊豆町・奈良本の蔵 引き取り手が名乗り

2010年12月1日

メディアのみなさま

解体の危機に直面していた東伊豆町・奈良本の伊豆石の蔵は、町が提示していた期限の11月30日に引き取り手が現れましたのでご報告します。

引き取り手として名乗りをあげたのは、緑地株式会社代表取締役の荒瀬貫次郎さん。30日に書面にて東伊豆町に引き取りを申し入れました。

荒瀬さんは蔵を移築して再建することを念頭に伊豆石などの建材を取り外し、当面は同社倉庫に保管する計画です。地元住民などの協力があれば奈良本地区内に蔵を再建したいとのご希望ですが、最終的にかなわぬ場合は同社敷地内に移築する計画です。

再建を前提に蔵を解体するには、石材や木材の一つ一つに番号をふるナンバリングなど、専門家による調査が必要です。こうした調査活動は、荒瀬さんとかねてから交流がある建築家の大沢匠さんらNPO日本民家再生協会の有志が実施する予定です。

また、解体作業については、東伊豆町に協力する形で引き取り手を募集する目的で蔵を一般公開し、11月21日には日本民家再生協会のご協力を得て「民家再生講習会」を開催した当会メンバーなど、市民有志も参加して実施する予定です。

移築希望者がみつかったことで、伊豆の大切な文化財をひとつ次代に伝える見通しがたちました。東伊豆町はじめ、蔵の掃除、一般公開、署名などさまざまな形でご支援いただきましたみなさまにこの場を借りて御礼申し上げます。

蔵を奈良本地区内に移築することができるかどうかは、今後の活動にかかってきます。引き続きみなさまのご支援・ご協力をお願いいたします。

奈良本の伊豆石の蔵の解体を惜しむ有志の会


◎大沢匠さん(NPO法人日本民家再生協会/O設計室所長)
→http://www.o-sekkei.com/

◎NPO法人日本民家再生協会
→http://www.minka.or.jp/
[PR]
by izu-ishi | 2010-12-02 19:45 | お知らせ