みんなの知恵と力を合わせて伊豆の石造文化を後世に伝えよう!
by izu-ishi
カテゴリ
全体
最新
お知らせ
日誌
経緯
奈良本の石蔵について
写真
資料
未分類
最新の記事
移築に向けた解体はみなさんの..
at 2010-12-10 04:00
2010.12.09 解体が..
at 2010-12-09 23:00
2010.12.08 一階も..
at 2010-12-08 23:00
以前の記事
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
関連サイト
最新のトラックバック
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2010年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

要望書(案) 蔵を移築して残そう

※署名簿を添えて、できるだけ早期に東伊豆町に提出する予定です。主旨にご賛同いただける方は下記までお名前とご住所をお送りください。いただいた個人情報は他の目的には決して使用いたしません。ご協力なにとぞよろしくお願いします。

izuishi@excite.co.jp

*******************************
奈良本の伊豆石の蔵の移築を求める要望書(案)

平成22年11月xx日

東伊豆町長
太 田  長 八  様

奈良本の伊豆石の蔵の解体を惜しむ有志の会

奈良本の旧熱川支所敷地内に残る石蔵につきましては町も引き取り手を募集してきたところですが、これは伊豆の石造技術や伝統のみならず旧城東村の歴史を今に伝える貴重かつ希少な町の文化財です。

この石蔵は、昔の城東村役場で貴重品保管庫として使われていたものを50年以上前に現所在地に移築したもので、建造から少なくとも70年、専門家の見立てでは明治期までさかのぼる可能性も指摘される、歴史的価値ある建物です。

町はこの蔵を支所の建物解体に伴い取り壊す予定とのことですが、私共はこれを町民共有の文化財として移築して後世に伝え、観光資源などに活用する価値のある歴史的建造物と考え、ここに要望書を提出する次第です。

先日当地を訪れ蔵を視察した特定非営利活動法人日本民家再生協会の専門家の推測では、移築と建築基準法に合致した補強などに1000万円ほどの費用を要するとのことです。町が単独で負担するには無理のある金額でしょうが、同時にこの蔵は国の登録有形文化財に指定される要件を充分に満たしているとのことです。

町が国登録有形文化財の指定を申請した上で文化庁や国交省などの助成金制度を利用すれば、町が負担する費用を軽減することは可能です。また、町の大切な文化財として保存・移築することになれば、心ある内外市民からのいくらかの寄付も必ずや期待できると私たちは信じています。

伊豆石の建造技術や耐震性については、専門家による調査が始まったばかりであり、江戸のインフラ整備に果たした伊豆石の役割や御石曳などの歴史・文化的側面も近年ようやく注目されるようになりました。奈良本の石蔵の詳しい来歴についても有志が調査中であり、新たな発見があるかも知れません。

また、稲取の御石曳と奈良本の石蔵、さらには町内各地に残る石造の民家や蔵などを結ぶことで、伊豆石をテーマとした新たな観光ルートの開発も可能です。

この石蔵を壊すのは簡単ですが、壊してしまえば二度と造ることができません。今後さらに価値が高まる可能性がある町の貴重な文化財を性急に失ってしまえば、残るのは後悔だけです。

このような想いから、私たちは以下の点を要望いたします。なにとぞ長期的な視野に立って旧城東村役場の石蔵の解体を再検討し、町民の財産として移築・活用することを新たに検討していただきたくお願い申し上げます。



1.旧城東村の石蔵を町が移築して保存すること。
2.町がこの石蔵について国登録有形文化財の指定を申請すること。
3.有形登録文化財への登録のため、早急に教育委員会による調査を実施すること。
4.石蔵の解体に際しては移築を念頭に建築資材をすべて保存すること。

以上


********************************
奈良本の伊豆石の蔵の移築を求める要望書 参考

国登録有形文化財 登録基準
平成8年8月30日 文部省 告示第152号
改正 平成17年3月28日 文部科学省 告示第44号

建築物、土木構造物及びその他の工作物(重要文化財及び文化財保護法第182条
第2項に規定する指定を地方公共団体が行っているものを除く。)のうち、原則として建設後50年を経過し、かつ、次の各号の一に該当するもの

(1)国土の歴史的景観に寄与しているもの
(2)造形の規範となっているもの
(3)再現することが容易でないもの

特定非営利活動法人 日本民家再生協会(別紙参照)

平成22年11月21日に会員数名が石蔵を視察、町民を対象とした「民家再生講習会」で各地の民家や蔵の移築・再生事情について講演を行う。国登録有形文化財申請に際しては調査に協力するとのお申し出あり。
[PR]
by izu-ishi | 2010-11-24 15:00 | 資料

21日に「民家再生講習会」を開催します

民家再生講習会

全国の古民家や蔵の再生と移築について専門家のお話を聞きましょう

・日時 2010年11月21日(日)16:30~18:30
・場所 奈良本区公民館(0557-23-0877)

※21日、28日13:00~16:00、奈良本の蔵を一般公開しています。

伊豆はフィリピンプレートに乗った海底火山が日本列島に衝突してできた半島です。石造の伝統は太古の自然が残してくれた資源に先人の知恵が加わった、伊豆の大切な文化遺産です。山から切り出された伊豆石は舟で川を下り、海路を東へ西へ運ばれてゆきました。江戸城の城壁にも使われ、江戸繁栄の礎を築きました。

石造建築は伊豆では見慣れた光景ですが、国内では希少なため各地で改装されて商業施設や観光資源として再活用されています。現在、東伊豆町が引き取り手を探している奈良本の伊豆石の蔵も、地域の歴史を今に伝える大切な生き証人です。

当日は、日本各地で伝統的な民家や蔵の再生や移築を手がけているNPO日本民家再生協会の大沢さん他が来訪されます。古い建物を再生・移築して守り伝えるとはどういうことなのか、この機会にぜひ専門家のお話に耳を傾けましょう。

広報チラシ⇒PDF版のダウンロード

※特定非営利活動法人 日本民家再生協会
1997年設立。日本の住文化としての民家の保存・再生・リサイクルをすすめ、資源循環型社会を実現するため、社会的啓発を行うとともに、具体的に成果につながる諸活動を展開することを目的に設立。民家に関心のあるすべての人を対象とし、NPOとして主として会費により運営。
HP http://www.minka.jp/

※大沢匠さん(建築家)
O設計室 http://www.o-sekkei.com/

奈良本の伊豆石の蔵の解体を惜しむ有志の会
[PR]
by izu-ishi | 2010-11-19 12:00 | お知らせ

アピール この蔵の情報をお寄せください

e0216426_11203454.jpg

江戸の繁栄のまさに礎を築いた伊豆石造りの伝統文化は、ぜひ後世に伝えたい
伊豆の大切な歴史です。東伊豆からも大量の石が船で江戸へ運ばれてゆきました。

奈良本に残るこの伊豆石の蔵は、昭和三十年頃に旧熱川支所の敷地に移築されて
以来、文書保管庫として使われてきました。老朽化した旧庁舎の解体に伴って
壊される予定ですが、保存状態の良い、二度と造ることのできない地域文化財です。

蔵を残して町民の財産として活用できれば理想的ですが、残念ながら現在の場所に
残すことはできないそうです。ただし、町も自費で蔵を移築する引き取り手を
11月30日の解体期限ギリギリまで募集することになりました。これまでは周知の
手段や期間が限られていたため、町外の移築希望者には情報が伝わっていません。

石造建築は伊豆では見慣れた光景ですが、国内では希少です。各地で改装されて
観光資源や商業施設として再生されています。引き取り手がみつかれば、たとえ
場所は移ろうとも、伊豆の先人の知恵と技を後世に伝えることができます。

広く移築希望者を募集する際に提供する基本情報として、蔵が建造された年代や、
現在の場所に移築された経緯などを調べています。この蔵について何かご存じの
方はぜひ情報をお寄せください。よろしくお願いいたします。

奈良本の伊豆石の蔵の解体を惜しむ有志の会

PDF版のダウンロード(しばらくお待ちください)
[PR]
by izu-ishi | 2010-11-02 00:00 | お知らせ

日誌2010.11.01 毎週日曜の午後に一般公開

移築希望者の募集期限の11月30日まで、毎週日曜日の午後(13:00~16:00)
蔵を一般公開することになった。

一般のみなさまも、まだ蔵が立っている間にぜひ見学にお越しください。

※蔵への行き方は⇒「東伊豆町奈良本884-7」で検索してください。


町役場によれば、今日、移築の可能性を探るために見学者が現地を訪れたとのこと。

現時点ではどうなるかわからないが、これもみなさまの署名のお陰で町が募集期限を
延期したからこそ! 改めてご協力に感謝します。

署名は「蔵を残したい」という想いを表明する手段として継続中です。

町外にも広く呼びかければ、関心を示す個人や法人は必ず現れると信じます。

明日は13:00から掃除第2弾。

(H)
[PR]
by izu-ishi | 2010-11-01 17:30 | 日誌