みんなの知恵と力を合わせて伊豆の石造文化を後世に伝えよう!
by izu-ishi
カテゴリ
全体
最新
お知らせ
日誌
経緯
奈良本の石蔵について
写真
資料
未分類
最新の記事
移築に向けた解体はみなさんの..
at 2010-12-10 04:00
2010.12.09 解体が..
at 2010-12-09 23:00
2010.12.08 一階も..
at 2010-12-08 23:00
以前の記事
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
関連サイト
最新のトラックバック
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:資料( 3 )

要望書(案) 蔵を移築して残そう

※署名簿を添えて、できるだけ早期に東伊豆町に提出する予定です。主旨にご賛同いただける方は下記までお名前とご住所をお送りください。いただいた個人情報は他の目的には決して使用いたしません。ご協力なにとぞよろしくお願いします。

izuishi@excite.co.jp

*******************************
奈良本の伊豆石の蔵の移築を求める要望書(案)

平成22年11月xx日

東伊豆町長
太 田  長 八  様

奈良本の伊豆石の蔵の解体を惜しむ有志の会

奈良本の旧熱川支所敷地内に残る石蔵につきましては町も引き取り手を募集してきたところですが、これは伊豆の石造技術や伝統のみならず旧城東村の歴史を今に伝える貴重かつ希少な町の文化財です。

この石蔵は、昔の城東村役場で貴重品保管庫として使われていたものを50年以上前に現所在地に移築したもので、建造から少なくとも70年、専門家の見立てでは明治期までさかのぼる可能性も指摘される、歴史的価値ある建物です。

町はこの蔵を支所の建物解体に伴い取り壊す予定とのことですが、私共はこれを町民共有の文化財として移築して後世に伝え、観光資源などに活用する価値のある歴史的建造物と考え、ここに要望書を提出する次第です。

先日当地を訪れ蔵を視察した特定非営利活動法人日本民家再生協会の専門家の推測では、移築と建築基準法に合致した補強などに1000万円ほどの費用を要するとのことです。町が単独で負担するには無理のある金額でしょうが、同時にこの蔵は国の登録有形文化財に指定される要件を充分に満たしているとのことです。

町が国登録有形文化財の指定を申請した上で文化庁や国交省などの助成金制度を利用すれば、町が負担する費用を軽減することは可能です。また、町の大切な文化財として保存・移築することになれば、心ある内外市民からのいくらかの寄付も必ずや期待できると私たちは信じています。

伊豆石の建造技術や耐震性については、専門家による調査が始まったばかりであり、江戸のインフラ整備に果たした伊豆石の役割や御石曳などの歴史・文化的側面も近年ようやく注目されるようになりました。奈良本の石蔵の詳しい来歴についても有志が調査中であり、新たな発見があるかも知れません。

また、稲取の御石曳と奈良本の石蔵、さらには町内各地に残る石造の民家や蔵などを結ぶことで、伊豆石をテーマとした新たな観光ルートの開発も可能です。

この石蔵を壊すのは簡単ですが、壊してしまえば二度と造ることができません。今後さらに価値が高まる可能性がある町の貴重な文化財を性急に失ってしまえば、残るのは後悔だけです。

このような想いから、私たちは以下の点を要望いたします。なにとぞ長期的な視野に立って旧城東村役場の石蔵の解体を再検討し、町民の財産として移築・活用することを新たに検討していただきたくお願い申し上げます。



1.旧城東村の石蔵を町が移築して保存すること。
2.町がこの石蔵について国登録有形文化財の指定を申請すること。
3.有形登録文化財への登録のため、早急に教育委員会による調査を実施すること。
4.石蔵の解体に際しては移築を念頭に建築資材をすべて保存すること。

以上


********************************
奈良本の伊豆石の蔵の移築を求める要望書 参考

国登録有形文化財 登録基準
平成8年8月30日 文部省 告示第152号
改正 平成17年3月28日 文部科学省 告示第44号

建築物、土木構造物及びその他の工作物(重要文化財及び文化財保護法第182条
第2項に規定する指定を地方公共団体が行っているものを除く。)のうち、原則として建設後50年を経過し、かつ、次の各号の一に該当するもの

(1)国土の歴史的景観に寄与しているもの
(2)造形の規範となっているもの
(3)再現することが容易でないもの

特定非営利活動法人 日本民家再生協会(別紙参照)

平成22年11月21日に会員数名が石蔵を視察、町民を対象とした「民家再生講習会」で各地の民家や蔵の移築・再生事情について講演を行う。国登録有形文化財申請に際しては調査に協力するとのお申し出あり。
[PR]
by izu-ishi | 2010-11-24 15:00 | 資料

「奈良本の伊豆石の蔵の保存を求める嘆願書」表書き

奈良本の伊豆石の蔵の保存を求める嘆願書の提出について

平成22年10月26日

東伊豆町長
太 田  長 八  様

奈良本の伊豆石の蔵の解体を惜しむ有志の会
連絡先  英 みどり(嘆願署名取りまとめ者)
下田市●●●● 0558-●●-●●●●

日頃から東伊豆の発展のため、ひいては伊豆全体のためにご尽力いただきまして、
まことにありがとうございます。

さて、東伊豆町が旧熱川支所の解体に伴い取り壊しを予定されている奈良本の
伊豆石の蔵につきましては、町にも諸般の事情がおありのことと思いますが、私共は
性急に解体してしまうにはあまりにも惜しい地域の文化財だと考えております。

伊豆石は伊豆の風景・歴史・文化・伝統を形づくってきた、地域の大切な財産です。
石造建築は伊豆では見慣れた光景ですが国内では希少価値があるため人気が高く、
各地で観光資源として再生されています。東伊豆町でも稲取で御石曳の伝統が復活
しました。町内に残る伊豆石建築が将来、新たな観光資源となる可能性もあります。

壊すのは簡単ですが、再生することは不可能です。このような想いから嘆願書を
二日間で集めた署名を添えて提出いたしますので、私共の想いをなにとぞお汲み取り
いただきたくお願い申し上げます。

なお、署名は解体が確定する時点まで継続して募集する予定です。

PDF版のダウンロード
[PR]
by izu-ishi | 2010-10-25 14:30 | 資料

「奈良本の伊豆石の蔵の保存を求める嘆願書」

10月26日に二日間で集まった33筆の署名を添えて東伊豆町長に提出しました。
ご賛同いただきましたみなさま、本当にありがとうございました!

署名は解体が確定するまで諦めずに継続します。むしろこれからが勝負です。
ご賛同いただける方は下記までお名前とご住所をお送りください。

izu-ishi@excite.co.jp

ご協力よろしくお願いします。

※お寄せいただいたお名前とご住所は他の目的には絶対に使用いたしません。


奈良本の伊豆石の蔵の保存を求める嘆願書

平成22年10月26日

東伊豆町長
太 田  長 八  様

奈良本の伊豆石の蔵の解体を惜しむ有志の会

東伊豆町奈良本の旧熱川支所敷地内に残る伊豆石の蔵は、江戸繁栄の礎を築いた
伊豆の石造技術と伝統を今に伝える貴重な地域文化財です。

東伊豆町はこの蔵を支所の建物解体に伴い取り壊すご予定とのことですが、跡地の
利用計画がない現状では、費用をかけて壊すよりも、残すことによってこの価値ある
文化財を次代へ伝える可能性がひらけると考え、嘆願書を提出する次第です。

石造建築は各地で改装されて観光資源となっています。伊豆半島や日本の歴史に
伊豆石が果たした役割についても、最近ようやく認識されるようになりました。

奈良本の蔵は石の保存状態が良く小屋組みも堅牢です。薄紅色の伊豆石に施された
外装からは当時の石工たちの技と心意気が存分に伝わってきます。素材、建築技術、
魅力的な外観など、どれをとっても性急に壊すにはあまりにも惜しい伝統建築です。

東伊豆町が移築希望者を募集されたことは高く評価されるべきですが、周知期間が
短かかったこともあり、町外の移築希望者までは充分に情報が伝わっていません。

蔵を残して一般公開や郷土学習に活用しつつ、将来的な展望を描くことは可能です。
稲取では御石曳の伝統が復活しました。町内に残る伊豆石建築が将来、町の新たな
観光資源となるかも知れません。その間に購入希望者が現れる可能性も残されます。

蔵を保存・活用し、伊豆の伝統文化を後世に伝えたいという想いは誰もが抱いて
いることと思います。ぜひ解体を再考していただきたく、心からお願い申し上げます。

PDF版のダウンロード
[PR]
by izu-ishi | 2010-10-25 14:00 | 資料