みんなの知恵と力を合わせて伊豆の石造文化を後世に伝えよう!
by izu-ishi
カテゴリ
全体
最新
お知らせ
日誌
経緯
奈良本の石蔵について
写真
資料
未分類
最新の記事
移築に向けた解体はみなさんの..
at 2010-12-10 04:00
2010.12.09 解体が..
at 2010-12-09 23:00
2010.12.08 一階も..
at 2010-12-08 23:00
以前の記事
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
関連サイト
最新のトラックバック
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:最新( 1 )

移築に向けた解体はみなさんの力でほぼ完了!

蔵の移築・復元に向けた解体作業は、なんと12月9日の作業でほぼ完了しました。10日は残りの資材の搬出と現場の掃除を行います。

当初は町に提示された12月15日の期限に間に合うか危ぶまれた解体作業でしたが、たくさんの方のご協力で予想外に急ピッチで進みました。

12月4日に始まった作業は、東伊豆に移り住んだ元職人さんや下田の元鳶の親方、そして各地から駆けつけた日本民家再生協会の有志による“お助け隊”を中心に行われました。みなさま、本当にお疲れさまでした。

作業がウィークデーに行われたために参加できなかった方、今週末参加される予定だった方のお気持ちもしっかと受け止めさせていただきました。ご支援ありがとうございました。

トイレを貸していただいたSさん他、何かとお世話になった地元のみなさまにも感謝です。

また、私たちの作業は同じ敷地内で旧庁舎の解体を行っていたT社、S社の現場のみなさまのご理解とご協力なくして行うことはできませんでした。本当にありがとうございました。

蔵は石材や木材に還元されて、しばらく保管場所でお休みです。

その間に私たちは地元のみなさんと協力して、向こう数ヶ月のうちに蔵を奈良本地区内に移築・復元する可能性を探っていくことになります。

今後の展開も随時このブログでみなさまにご報告しますので、引き続きご注目くださいますようお願いします。

※解体作業の様子⇒「日誌」で経過を報告しています。

※これまでの経緯
解体・消滅の危機に直面していた東伊豆町・奈良本の石蔵―。

もとは城東村(きとうむら=天空の城・天城山の東に位置する村、との意)の役場で貴重品保管庫として使われていた伊豆石の蔵です。建造から少なくとも80年近く経っていることがわかっています。

東伊豆町も、蔵を自費で移築してくれる引き取り手をいったんは募集しましたが、短期間で打ち切りに。その後、みなさまの署名を添えて提出した嘆願書を受けて、町長が期限を11月30日まで延期してくれました。

そして、期限当日に引き取り手が現れ、蔵は消滅をまぬがれました。

蔵の移築・復元を前提に解体するには、専門家による調査と建材のナンバリング(復元するための番付け)を行ってから石や木材をひとつひとつ取り外して保管場所へ移動しなければなりません。

12月4日にNPO日本民家再生協会の大沢匠さん率いる“お助け隊”メンバーが専門的な作業を行いました。

その後は元職人さんらの超人的な頑張りとお助け隊メンバーを中心とする有志の協力で、町に提示された撤去期限である12月15日を前に解体作業は完了しました。

なお、引き取り手の登場を受けて、「東伊豆町長に移築をお願いする要望書」への署名は打ち切ります。これまでに集まった署名は“蔵を残したい”という想いの表明として東伊豆町長に提出します。ご協力いただきましたみなさま、本当にありがとうございました!

東伊豆町の伊豆石の蔵を再生する会(仮称)
(奈良本の伊豆石の蔵の解体を惜しむ有志の会改め)

※お問い合わせ→0558-22-3166(はなぶさ)

・12月1日付けプレスリリース⇒「お知らせ」をご覧ください。

・蔵の図面(簡略版)
 ⇒PDF版のダウンロード

伊豆石について
伊豆半島は昔から石の産地でした。伊豆石は船で運ばれ、江戸城の城壁に使われるなど江戸繁栄の礎を築きました。このような歴史から、蔵や民家、店舗など石造建築は伊豆の各地に点在しています。でも近年はひとつ、またひとつと解体され、伊豆の石造文化や伝統技術が後世に伝えられないまま消滅しています。このブログは、東伊豆町の奈良本に残るチャーミングな伊豆石の蔵をなんとか次代へ伝えたいと願う有志の活動を報告する目的で運営しています。
[PR]
by izu-ishi | 2010-12-10 04:00 | 最新