みんなの知恵と力を合わせて伊豆の石造文化を後世に伝えよう!
by izu-ishi
カテゴリ
全体
最新
お知らせ
日誌
経緯
奈良本の石蔵について
写真
資料
未分類
最新の記事
移築に向けた解体はみなさんの..
at 2010-12-10 04:00
2010.12.09 解体が..
at 2010-12-09 23:00
2010.12.08 一階も..
at 2010-12-08 23:00
以前の記事
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
関連サイト
最新のトラックバック
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


2010.12.09 解体がほぼ完了!

一階部分は一面と基礎を残すのみ。
e0216426_221616.jpg

手作業で伊豆石を取り外して運び出す。
e0216426_2212574.jpg

側面に書かれた番号を石の上部に書き写す。地道な作業。
e0216426_3193860.jpg

敷地にあった木が伐採され、クレーンで吊り上げられている。
e0216426_3195133.jpg

蔵の解体は敷地の隅で着々と進行。
e0216426_320188.jpg

e0216426_2235416.jpg

あたりにはヒノキの香りが満ちている。
e0216426_3201166.jpg

ざっと数えても年輪は100年以上。立派な木だった。
e0216426_3202099.jpg

こんな形で残されたものも。
e0216426_3202740.jpg

大石、小石、コンクリートやモルタルの破片を袋に入れては運ぶ、このくり返し。
e0216426_3203590.jpg

最後に残った石壁に何か発見。
e0216426_3204272.jpg

この蔵のヤモリだったのか。
e0216426_3205059.jpg

使われていた釘などもすべて保管。
e0216426_3205681.jpg

昼食。本日は大所帯。
e0216426_321358.jpg

瓦の破片が次々と出てくる。つまり、元あった場所から50年以上前に現地へ移築されたときには屋根は瓦葺だったことになる。その後の地震で瓦が落ちたのでスレートに替えられたのか。重要な証拠として瓦も保存。蔵の来歴はまだまだ不明だ。
e0216426_321161.jpg

この場所へ移築された際の番付けか。「ハ3」と読める。
e0216426_3212258.jpg

側面の番号を石の上部に書き写す。
e0216426_3212857.jpg

石を吊ってトラックへ運ぶ。
e0216426_3213583.jpg

e0216426_3214368.jpg
e0216426_3215076.jpg

ついに残すところわずかに。
e0216426_3215838.jpg

積み直すと見えなくなる上部に番付けされている。
e0216426_322517.jpg

元鳶の親方、民家の学校の若き校長に熱心に説明。
e0216426_3221432.jpg

一日が終わる頃にはおじいちゃんと孫のような名コンビに。
e0216426_3222329.jpg

運び出された伊豆石は、保管場所へ。
e0216426_2282455.jpg

伊豆石がすべて撤去され、ユンボで蔵のコンクリートの基礎を壊す。
e0216426_228427.jpg

が、コンクリートは深さ55センチ。容易ではない。
e0216426_322375.jpg

蔵は消え、木立もなくなり、風景が一変。なんだか寂しい。
e0216426_3224736.jpg

チーム荒瀬のKさん、Sさん、そして特に大活躍だった我らがIさん。お疲れさまでした。
e0216426_322539.jpg

(H)
[PR]
by izu-ishi | 2010-12-09 23:00 | 日誌
<< 移築に向けた解体はみなさんの力... 2010.12.08 一階も、... >>