みんなの知恵と力を合わせて伊豆の石造文化を後世に伝えよう!
by izu-ishi
カテゴリ
全体
最新
お知らせ
日誌
経緯
奈良本の石蔵について
写真
資料
未分類
最新の記事
移築に向けた解体はみなさんの..
at 2010-12-10 04:00
2010.12.09 解体が..
at 2010-12-09 23:00
2010.12.08 一階も..
at 2010-12-08 23:00
以前の記事
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
関連サイト
最新のトラックバック
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


日誌2010.12.04 解体作業が始まる

本日から移築に向けた蔵の解体・撤去作業が始まった。

同じ敷地内で旧庁舎の基礎解体工事が行われる中、蔵の周囲に足場が掛けられてゆく。
e0216426_114222.jpg

10:00にはスタッフが現場に集結、解体の手順などを打ち合わせ。
e0216426_11431083.jpg

新たに蔵の所有者となった荒瀬さんの知り合いの元職人さんIさんとHさん(チーム荒瀬)、建築家の大沢匠さんとNPO法人日本民家再生協会の“お助け隊”Kさん、元鳶の親方のNさん。

蔵の復元を念頭に、解体前に石材や木材の一つ一つに番号をふっておかねばならない。
e0216426_11453370.jpg

蔵の入り口の踏み石を動かすと…
e0216426_11474523.jpg

石の下でトカゲが5匹も冬眠していた。つついて起こす。それぞれに寝ぼけた様子でねぐらを離れていった。申しわけない(汗)。
e0216426_1148389.jpg

ご近所から小さな見学者あり。
e0216426_11485987.jpg

大沢さんらが木造の二階小屋組を調査して木材に番付け、残りのメンバーが伊豆石に番付け。
e0216426_11492138.jpg

e0216426_11494434.jpg

移築先で元どおりに復元できるよう、番号がふられた伊豆石。
e0216426_11502665.jpg

e0216426_11505732.jpg

伊豆石の番号を記録する大沢さん。
e0216426_11513172.jpg

屋根が取り払われ、小屋組が見えてきた。
e0216426_11523097.jpg

e0216426_11524130.jpg

木造部分を取り外すHさん。
e0216426_11532721.jpg

小屋組の様子。木材を釘で石に留めている。
e0216426_11542812.jpg

e0216426_1154373.jpg

e0216426_11544664.jpg

e0216426_1155498.jpg

本日の作業が終わった蔵。
e0216426_1157526.jpg

そして、現場の様子。
e0216426_11554059.jpg

(H)
[PR]
by izu-ishi | 2010-12-04 23:00 | 日誌
<< ボランティア大募集! 石蔵を再... プレスリリース「東伊豆町・奈良... >>