みんなの知恵と力を合わせて伊豆の石造文化を後世に伝えよう!
by izu-ishi
カテゴリ
全体
最新
お知らせ
日誌
経緯
奈良本の石蔵について
写真
資料
未分類
最新の記事
移築に向けた解体はみなさんの..
at 2010-12-10 04:00
2010.12.09 解体が..
at 2010-12-09 23:00
2010.12.08 一階も..
at 2010-12-08 23:00
以前の記事
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
関連サイト
最新のトラックバック
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


21日に「民家再生講習会」を開催します

民家再生講習会

全国の古民家や蔵の再生と移築について専門家のお話を聞きましょう

・日時 2010年11月21日(日)16:30~18:30
・場所 奈良本区公民館(0557-23-0877)

※21日、28日13:00~16:00、奈良本の蔵を一般公開しています。

伊豆はフィリピンプレートに乗った海底火山が日本列島に衝突してできた半島です。石造の伝統は太古の自然が残してくれた資源に先人の知恵が加わった、伊豆の大切な文化遺産です。山から切り出された伊豆石は舟で川を下り、海路を東へ西へ運ばれてゆきました。江戸城の城壁にも使われ、江戸繁栄の礎を築きました。

石造建築は伊豆では見慣れた光景ですが、国内では希少なため各地で改装されて商業施設や観光資源として再活用されています。現在、東伊豆町が引き取り手を探している奈良本の伊豆石の蔵も、地域の歴史を今に伝える大切な生き証人です。

当日は、日本各地で伝統的な民家や蔵の再生や移築を手がけているNPO日本民家再生協会の大沢さん他が来訪されます。古い建物を再生・移築して守り伝えるとはどういうことなのか、この機会にぜひ専門家のお話に耳を傾けましょう。

広報チラシ⇒PDF版のダウンロード

※特定非営利活動法人 日本民家再生協会
1997年設立。日本の住文化としての民家の保存・再生・リサイクルをすすめ、資源循環型社会を実現するため、社会的啓発を行うとともに、具体的に成果につながる諸活動を展開することを目的に設立。民家に関心のあるすべての人を対象とし、NPOとして主として会費により運営。
HP http://www.minka.jp/

※大沢匠さん(建築家)
O設計室 http://www.o-sekkei.com/

奈良本の伊豆石の蔵の解体を惜しむ有志の会
[PR]
by izu-ishi | 2010-11-19 12:00 | お知らせ
<< 要望書(案) 蔵を移築して残そう アピール この蔵の情報をお寄せ... >>